ベッティングシステム・モンテカルロ法について

「ベッティングシステム」をご存じでしょうか?
ベッティングシステムとはカジノゲームの攻略法となるシステムでギャンブル全体に活用可能となっているので、ぜひ身に付けておきましょう。

モンテカルロ法の概要

モンテカルロ法の概要
「モンテカルロ法」には、かつてモナコ公国のモンテカルロカジノを破産に追い込んだとする逸話が残っています。
実際にはそのようなことは無いのでしょうが、上手に使えば効果的ですから、しっかりと身に付けましょう。

詳しい「やりかた」の説明は省きますが、「数列の利用」に特徴があります。
勝てば「数列の数字」を消し込み、負ければ「数列の数字」を増やします。
毎回の「ベット額」は「数列の数字」をルールにしたがって導きましょう。
「数列の数字」が「消し込み」により無くなったらセッションの終了です。

モンテカルロ法の詳細

「モンテカルロ法」は「ベッティングシステム」の一種です。
ちなみに「ベッティングシステム」とは戦略的な賭けかたを指します。
カジノゲームを「勝ち」へ導くには、「資金管理」が大切です。
軍資金の残額を気にせずに賭けていたのでは、いつまでたっても勝てません。

そこで「モンテカルロ法」を活用してほしいのです。
さっそく「モンテカルロ法」の手法を具体的に触れましょう。
「3倍配当ゲーム」で利用することがセオリーですから、忘れないでください。

この方法は「数列」を使用するところが特徴です。
まず「1、2,3」の数列をメモしましょう。
1回目の「ベット額」は、この数列の両端をプラスして導きます。
「1プラス3」で「4」になります。
これが1回目の「ベット額」です。

この勝負に負けたならば、いまの「ベット額」を数列に加えてください。
「1、2、3、4」になります。
両端をプラスして2回目の「ベット額」を導きます。
「1プラス4」で「5」になりますから、これを2回目に賭けてください。
負けたならば、同様の作業を繰り返します。
負け続けると数列がドンドン長くなります。

勝負に勝った場合には、数列の両端を2個づつ消し込みます。
たとえば、数列が「1、2、3、4、5、6」となっていた場合には、両端2個づつ消し込むと「3、4」になります。
直前の「ベット額」を右端に加えるのが「ベットルール」ですから、数列は「3、4、7」に変化します。

つぎの「ベット額」は両端をプラスすれば導けますので、「3プラス7」で「10」となるのです。
「勝負の勝ち」により数列を消し込んでいって、数字がなくなればセッションの終了となります。
少々複雑ですから、しっかりと理解しましょう。

モンテカルロ法の利用が推奨されるゲーム

モンテカルロ法の利用が推奨されるゲーム
「モンテカルロ法」は「マーチンゲール法」と違い、「2倍配当ゲーム」と相性がよくありません。
「3倍配当ゲーム」での活用が常識ですから、しっかりと認識してください。

「ルーレット」の「ダズンベット・コラムベット」が該当します。

モンテカルロ法の楽しみかた

メモとペンを用意して「じっくりと計算」するのが「モンテカルロ法」の手法です。
「真の攻略法」のように感じませんか?時間はかかりますが、セッションを終了させたときの満足感は大きいです。

また、「モンテカルロ法」による「ベッティングシステム」は、急激な「ベット額」の増大を生みません。
そのため、資金の急激な減少を回避できます。
「ローリスクタイプ」の「ベッティングシステム」といえるでしょう。

また、「ベット額」が極端に大きくなりませんから、連敗しても「ベットリミット」を心配せずに済みます。
「ベットリミット」が低く設定されているゲームに活用しやすいです。

モンテカルロ法を使用するメリットについて

「3倍配当ゲーム」で使用すれば、ワンセッション終了時点で必ずプラスを出せます。
計算しながらセッションを終了させたときには、大きな充実を感じることでしょう。

また、「マーチンゲール法」と比較した場合には、「ローリスク」に資金管理ができます。
負けが続いても急激に「ベット額」が高騰しません。
ここに大きな特長があるのです。

モンテカルロ法の注意点

モンテカルロ法の注意点
「モンテカルロ法」は「ローリスク・ミドルリターン」な「ベッティングシステム」です。
短時間で「大金をゲット」したいならば、ほかの手法を探してください。
また「2倍配当ゲーム」で「モンテカルロ法」を活用すると、長時間かけてセッションが終了しても「プラス」とならないケースが報告されています。

これでは攻略法とよべませんね。
必ず「3倍配当以上のゲーム」で活用してください。
また「モンテカルロ法」の「ミドルリターン」を補う(おぎなう)ために、「ベット額」を工夫する手法が存在します。

それは「ベット単位」をアップする手法です。
単位を10倍にすれば、配当も10倍ですから短時間で「大勝」も可能でしょう。
ただし、リスクもアップしますから十分に注意してくださいね。

モンテカルロ法の弱点について

数列の計算がベースとなりますから、頭の中だけで計算することは「極めて困難」と言わざるを得ません。
そのため、リアルカジノで「モンテカルロ法」は難しいと考えてください。
オンラインカジノに向く手法です。
また、「2倍配当ゲーム」への活用も可能ですが、ワンセッションが終了しても「勝ち」を確定できないケースがあります。
「2倍配当ゲーム」に使いづらい部分が弱点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。