オンラインカジノを始める際に注意すべきこと

オンラインカジノは一般的には周知されていないギャンブルかもしれません。
しかしインターネット上では日本でもプレイしている人は沢山居ますし、かなり稼いでいる人も少なくありません。

オンラインカジノを始める際に注意すべきこと

ではオンラインカジノはどのようなやり方で遊んでいけば良いのでしょうか?
この記事ではその辺りを詳しく解説していきます。

オンラインカジノのプレイ内容・ルール

まずオンラインカジノとはネット上でプレイする、至って普通のカジノです。
カジノ自体をやった事が無くても、ルールは簡単なものばかりですからすぐに始められます。
トランプやビンゴのルーレットなどは誰でも遊んだ事はあると思います。
そのようなゲームと同じか延長線上にあるものなので内容は明瞭です。

年齢制限があるので誰でも簡単にとはいきませんが、基本的にはルール自体は小学生でも楽しめるものです。

トランプならばポーカー・ブラックジャック・バカラが代表格です。
細かなルールの違いもありますが、世界で特に広く使われるルールが採用されている場合が多いです。
なぜならオンラインカジノは世界中からアクセスされており、世界の多くの人に分かりやすいルールが好ましいからです。
ポーカーならば自分のカードと場のカードを使って、数字の大小を競って遊ぶシンプルなルールです。

おすすめはライブ中継のもので、本場のカジノさながらの興奮を味わえるからです。
勿論ただお金が稼げればそれで良い、という人も居るでしょうがブラウザゲームで行うカジノと中継のカジノどちらが稼ぎやすいというのはありません。
強いて言うならば怪しいオンラインカジノサイトは避けるべきです。

正しい選び方としては、有名なサイトを選ぶ・支払い方法がしっかりしている・好意的な口コミが多い、この辺りを参考にされて下さい。

オンラインカジノを安全にプレイ

オンラインカジノを安全にプレイ

オンラインカジノで最も気を付けなければならないのが詐欺です。
日本人は比較的裕福な人が多いですから、案外狙われやすい傾向にあります。

一番危険なオンラインカジノは、どの国の人が運営するサイトだと思いますか?
答えは日本人で、海外で日本人がカジノサイトを運営していたら黒に近いグレーです。
まともなライセンスも取りにくいでしょうし、基本的に優良サイトは海外の大きなカジノ会社が運営しています。

そしてペイアウト率にも注視しておく必要があります。
ペイアウト率とは、どれだけプレーヤーにお金が還元されるかという比率です。
オンラインカジノは維持費がかかりにくいですから、実際のカジノ店舗よりペイアウト率は高めです。
場所を選ばないという理由より、このペイアウト率が高いから人気という側面もあります。
アメリカなどは場所によってカジノ合法区へのアクセスがかなり悪い場所も多く、こういった人がオンラインカジノの主なターゲットです。

しかしカジノ店舗へ行く事が不可能では無かったら、何か強みが無いとカジノサイトは利用されにくいでしょう。
稼ぎやすさと安全性がしっかりしているからこそ、こうやってオンラインカジノは成立しているのです。

オンラインカジノの入出金方法

オンラインカジノを始める時には当然お金を用意しなければなりませんが、振り込みには決済サービスを利用します。
特に有名なのがecoPayzやiwalletなどです。
これらは世界的で利用者も多く信頼があるので、有名決済サービスにいくつも対応しているカジノサイトならばある程度信用できます。

基本的に日本円で振り込むのでは無く、例えばヨーロッパのオンラインカジノならユーロで振り込みます。
両替は難しくなく、ただ通貨設定をユーロに変えておくだけです。
そのまま決済情報をオンラインカジノに登録して、必要な分だけ送金すればすぐにプレイが開始できます。

決済サービスでは以前はNETELLERが主流でしたが、現在はiwalletの利用が伸びています。
どれが一番良いというのは無く、カジノサイト毎に利用される決済サービスは大きく違うからです。
手数料も違うのでできるだけ安いサービスを選びたいものです。
しかし利用できるカジノサイトが少なければ逆に損になりますから、まずは広く使えるiwalletなどを検討するのが良いでしょう。

オンラインカジノの入出金方法

最近ではビットコインのような仮想通貨も対応が始まっています。
仮想通貨は価格変動が大きいですし、今後ずっと使い続けられるかは分かりません。
便利な事には間違い無いですから、持っている方はまず使い勝手を確認して利用を考えてみて下さい。

まとめ

オンラインカジノは日本ではあまり親しまれていないのかもしれません。
それもそのはずです、カジノ文化自体が無いのですから無理も無い事です。
しかし世界的に見ればとてもメジャーなギャンブルで、そのためオンラインカジノはとても有難い存在として受け入れられています。
当然日本からでも気軽に始められますし、是非とも今回説明したルールや入出金方法を参考にしてオンラインカジノの世界を満喫してみて下さい。

ワイルドゲームズスロットを実戦プレイ

よ~し、お前らっ!! 今日も昨日に引き続きスロットシリーズを公開してやるぞ!!
「オンラインカジノのスロットは運だろっ!!」って多くの声が聞こえてきそうだが
そんなことばっかり言っちゃってるヤツは無視して実践データを撮りまくってやるw

さて、本日の実戦スロットの機種はワイルドゲームズというオリンピック的な感じのスロットに挑戦してみるぜ!!
ワイルドゲームス1

兎にも角にも、まずはキャッシャー額のチェックからやらないと始まらないわけだ!
キャッシャー額は先日の勝利のお陰で511ドルあるので少しの高額ベットなら耐えれるだろうw
ワイルドゲームス2

キャッシャー額のチェックが終わったら配当表をチェックしフリーゲームの内容を確認しておけ!
この機種はフリーゲーム以外にも同一色のメダルが5リール中に3個以上出現すればボーナスをもらえる
プチボーナスゲームも備わっているのでその辺がポイントになってくるだろうなw
ワイルドゲームス3

まぁ、オレ様が狙うのはブルドック・チーター・カバが出現するとゲットできるフリーゲーム一本!!

先日は勝利はしたが、フリーゲーム獲得率が1/500だったのでココでなんとか終始とともに
ヒキを取り戻して波に乗っていきたいところだ。

ブルドックは【FREESTYLE SWIM BONUS】
ワイルドゲームス4

チーターは【100m DASH BONUS】
ワイルドゲームス5

カバは【BALANCE BEAM BONUS】
ワイルドゲームス6

そして、フリーゲームではないが、通常ゲーム中に同一色のメダルが3つ以上出現すれば
【WIN A MEDAL BONUS】に突入し、
ワイルドゲームス7

出現したメダルのどれかを選択してクリックすると
ワイルドゲームス8

メダルの裏にボーナス配当が書いてあり、その配当をもらえるというプチボーナスが搭載されている。
ワイルドゲームス9

まぁ、ゲームの説明はコレぐらいにしておいて、実戦プレイに入っていくわけだが、
前回の価値もあることなので今回はラインベットを0.10ドルに設定し25ラインなので1回転は2.50ドルw

コレぐらいで回せばフリーゲームでの獲得配当の期待値がソコソコあるんではないかと企んでみる(笑)

それでは、早速実戦プレイスタート!!
【001~100】

今日も、100回転以内でのフリーゲーム獲得はならず・・・

しかし、プチボーナスのお陰で100回転回してもマイナス50ドルと、1回転2.50ドルに設定した割りには
ボーダーが軽めなので500回転ぐらいは粘って打てるので問題無さそうだw

【101~200】

ここでも同じくプチボーナスはゲットできるがフリーゲーム獲得ならず・・・

フリーゲームの獲得確率は結構深そうな感じだな・・・

【201~300】

ここが一番キツイゾーンだったな・・・

プチボーナスですら一回しか引けず、しかもたったの5ドル・・・

なんだか怪しい展開になってきた・・・

【301~400】

ここでようやく本日初のフリーゲームを獲得!!!

どうやら、神はオレ様をまだ見捨てては居なかったみたいだな(笑)

チーターの【100m DASH BONUS】をゲットして
ワイルドゲームス10

一撃50ドルオーバー!!!!
ワイルドゲームス11

しかし、まだ収支的にはマイナスなので連チャンで引いときたいところだなw

【401~500】

連チャンでのフリーゲームを狙ってみたものの前回と同じく何も起こらず500回終了・・・

収支がマイナスなのはわかっているがここで粘っても仕方ないので実戦終了・・・
ワイルドゲームス12f

久しぶりにスロット解析シリーズで負けた気がするのでなんだか悔しいが
このままダラダラ打ってても恐らくマイナス収支を広げるだけなので
オレ様の天才的な判断でここは実戦終了しておいてやったのだwww

お前らなら、マイナス収支を取り返すためにダラダラ追っかけて、
結局キャッシャー額をゼロにして泣きをみるんだろうがオレ様は違うのだ(笑)

それでは実践データのまとめ
***********************************************
実戦機種 : ワイルドゲームズ
ライン : 25ライン
最低ラインベット:0.01ドル~

ラインベット:0.10ドル
トータルベット:2.50ドル (1回転250円)

総回転数:500回
ミニボーナス獲得:9回 (1/55.5)
フリーゲーム獲得:1回 (1/500)

プレイ時間:1時間
最終収支:マイナス318ドル
***********************************************

この機種を打ってみた感想としては、前回のベイウォッチと似ていて
プチボーナスがある分ボーダーが軽くなって長期戦も可能になるわけだが
今日みたいにフリーゲームが1/500程度で勝利するのは難しいだろうな・・・

せめてフリーゲーム獲得確率が1/200ぐらいあるか、フリーゲームでの獲得配当が
100ドルを超えてくるぐらいでないとちょっと厳しいように感じるぞ!!